忍者

genki-nekokoneko’s blog

このサイトはアフィリエイト広告(Amazon アソシエイト含む)を掲載しています。

失業保険の受給方法とメリット・デメリットを徹底解説!

失業保険とは?

失業保険とは、雇用保険の一種で、失業や減収などのリスクに備えて、国や事業主が共同で負担する制度です。失業保険には、失業給付と就職促進給付の2種類があります。失業給付は、失業した場合に一定期間、所得の一部を補償するものです。就職促進給付は、失業者が再就職するために必要な訓練や支援を受ける場合に支給されるものです。

失業保険は、雇用保険の被保険者であれば、原則として誰でも受けることができます。しかし、失業保険を受けるためには、受給資格や必要書類、ハローワークでの手続きなど、いくつかの条件や要件があります。また、失業保険にはメリットだけでなく、デメリットもあります。この記事では、失業保険の受給方法とメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

目次

1. 失業保険を受けるための受給資格とは?

失業保険を受けるためには、以下の3つの受給資格を満たす必要があります。

  • 失業の原因が自己都合ではないこと
  • 雇用保険の被保険者期間が一定以上であること
  • 失業後に就職活動をしていること

それぞれの受給資格について、詳しく見ていきましょう。

1-1. 失業の原因が自己都合ではないこと

失業の原因が自己都合ではないこととは、以下のような場合を指します。

  • 会社の倒産やリストラなどによる解雇
  • 契約期間の満了や期間雇用の終了
  • 病気やケガなどによる退職
  • 家庭の事情や転居などによる退職

一方、失業の原因が自己都合である場合は、以下のような場合を指します。

  • 自分の意思で辞めた場合
  • 懲戒解雇や不当行為などによる解雇
  • 無断欠勤や勤務態度の悪化などによる解雇
  • 試用期間中や就業規則に違反して解雇された場合

失業の原因が自己都合である場合は、失業保険の受給資格がないというわけではありませんが、受給開始日が遅れたり、受給日数が減ったりする可能性があります。そのため、自己都合で退職する場合は、事前にハローワークに相談することをおすすめします。

1-2. 雇用保険の被保険者期間が一定以上であること

雇用保険の被保険者期間とは、雇用保険に加入していた期間のことです。雇用保険の被保険者期間が一定以上であることとは、以下のような場合を指します。

  • 失業した日の前日までに、過去1年間に雇用保険に加入していた日数が12日以上であること
  • 失業した日の前日までに、過去2年間に雇用保険に加入していた日数が365日以上であること

雇用保険の被保険者期間が一定以上であることを満たすと、失業保険の受給日数が決まります。受給日数は、雇用保険の被保険者期間や年齢、失業の原因などによって異なります。一般的には、90日から330日の間で決まります。受給日数の詳細は、ハローワークに問い合わせるか、以下のサイトを参考にしてください。

『失業手当の計算』

1-3. 失業後に就職活動をしていること

失業後に就職活動をしていることとは、以下のような場合を指します。

失業後に就職活動をしていることを満たすと、失業保険の受給資格が維持されます。就職活動をしていないと、失業保険の受給資格が失われたり、受給日数が減ったりする可能性があります。そのため、失業後には、積極的に就職活動を行うことが大切です。

就職活動を行う際には、ハローワークのサービスを利用することがおすすめです。ハローワークは、失業者に対して、以下のようなサービスを提供しています。

  • 求人情報の提供
  • 求人紹介の実施
  • 就職相談の実施
  • 就職支援訓練の実施
  • 就職支援金の支給

これらのサービスは、失業者の就職活動をサポートするためのものです。求人情報の提供や求人紹介は、自分の希望する職種や条件に合った仕事を見つけるためのものです。就職相談は、自分の職歴やスキル、就職の目標や悩みなどについて、専門の相談員と話すことができるものです。就職支援訓練は、自分のスキルや知識を向上させるためのものです。就職支援金は、就職支援訓練を受ける際に必要な費用や生活費を補助するためのものです。

ハローワークのサービスを利用するには、ハローワークに求職申込をする必要があります。求職申込は、失業した日から2週間以内に行う必要があります。求職申込をすると、ハローワークのサービスを受けることができるだけでなく、失業保険の受給開始日が決まります。受給開始日は、失業した日から7日後からとなります。ただし、失業の原因が自己都合である場合は、受給開始日が遅れたり、受給日数が減ったりする可能性があります。

失業後に就職活動をしていることは、失業保険の受給資格を維持するための条件であると同時に、再就職に向けての努力であると言えます。失業後には、ハローワークのサービスを利用して、自分のスキルや希望に合った仕事を探しましょう。あなたの幸せな就職活動を応援しています。😊

2. 失業保険を受けるための必要書類とは?

失業保険を受けるためには、以下のような書類が必要です。

  • 離職票
  • 収入証明書
  • 給付申請書
  • 本人確認書類
  • 通帳やキャッシュカード

それぞれの書類について、詳しく見ていきましょう。

2-1. 離職票

離職票とは、退職した際に会社からもらう書類で、失業の原因や期間などが記載されています。離職票は、失業保険の受給資格や受給日数の判断に必要な重要な書類です。離職票は、退職した日から10日以内に会社からもらうことができます。もしもらえない場合は、ハローワークに相談してください。

2-2. 収入証明書

収入証明書とは、退職した際に会社からもらう書類で、退職前の給与や賞与などの収入が記載されています。収入証明書は、失業保険の給付額の計算に必要な書類です。収入証明書は、退職した日から10日以内に会社からもらうことができます。もしもらえない場合は、ハローワークに相談してください。

2-3. 給付申請書

給付申請書とは、失業保険を受けるためにハローワークに提出する書類で、自分の氏名や住所、電話番号などの個人情報や、求職活動の状況や希望する職種などの就職に関する情報が記載されています。給付申請書は、ハローワークで配布されているものを使うか、以下のサイトからダウンロードして印刷することができます。

給付申請書のダウンロード

2-4. 本人確認書類

本人確認書類とは、自分の身分を証明するためにハローワークに提出する書類で、運転免許証やパスポート、健康保険証などが該当します。本人確認書類は、写真付きのものが望ましいです。本人確認書類は、コピーではなく、原本を持参する必要があります。

2-5. 通帳やキャッシュカード

通帳やキャッシュカードとは、失業保険の給付金を受け取るためにハローワークに提出するもので、自分の名義のものである必要があります。通帳やキャッシュカードは、コピーではなく、原本を持参する必要があります。また、通帳やキャッシュカードには、以下の情報が記載されている必要があります。

  • 金融機関名
  • 支店名
  • 口座番号
  • 口座種別(普通預金など)
  • 口座名義

これらの情報は、給付金の振込先としてハローワークに登録されます。給付金の支払いは、基本的には口座振込となります。そのため、通帳やキャッシュカードを忘れずに持っていきましょう。もし、通帳やキャッシュカードを紛失したり、口座を変更したりした場合は、すぐにハローワークに届け出る必要があります。

通帳やキャッシュカードは、失業保険の給付金を受け取るための重要な書類です。通帳やキャッシュカードを持参して、ハローワークに行きましょう。

上記記事の続きです。

3. 失業保険を受けるためのハローワークでの手続きとは?

失業保険を受けるためには、ハローワークで以下のような手続きを行う必要があります。

  • 求職申込
  • 給付申請
  • 求職活動の報告
  • 給付金の受取

それぞれの手続きについて、詳しく見ていきましょう。

3-1. 求職申込

求職申込とは、失業したことをハローワークに届け出て、就職支援や求人紹介を受けるための手続きです。求職申込は、失業した日から2週間以内に行う必要があります。求職申込を行うと、失業保険の受給開始日が決まります。受給開始日は、失業した日から7日後からとなります。ただし、失業の原因が自己都合である場合は、受給開始日が遅れたり、受給日数が減ったりする可能性があります。

求職申込を行うには、以下の書類を持参して、最寄りのハローワークに行きます。

  • 離職票
  • 給付申請書
  • 本人確認書類

ハローワークでは、求職申込の受付や面談、就職支援の説明などが行われます。面談では、自分の職歴やスキル、希望する職種や条件などを伝えます。就職支援の説明では、ハローワークが提供する求人情報や訓練、相談などのサービスについて説明を受けます。求職申込の手続きには、約1時間程度かかります。

3-2. 給付申請

給付申請とは、失業保険の給付金を受けるためにハローワークに申請する手続きです。給付申請は、受給開始日から2週間以内に行う必要があります。給付申請を行うと、失業保険の給付額が決まります。給付額は、退職前の収入や年齢、失業の原因などによって異なります。一般的には、退職前の収入の50%~80%程度となります。給付額の詳細は、ハローワークに問い合わせるか、以下のサイトを参考にしてください。

失業保険の給付額の計算方法とは?

給付申請を行うには、以下の書類を持参して、最寄りのハローワークに行きます。

  • 離職票
  • 収入証明書
  • 給付申請書
  • 本人確認書類
  • 通帳やキャッシュカード

ハローワークでは、給付申請の受付や面談、給付金の支払い方法などの説明が行われます。面談では、自分の就職活動の状況や計画、ハローワークからの求人紹介などについて伝えます。給付金の支払い方法は、基本的には口座振込となります。給付申請の手続きには、約30分程度かかります。

3-3. 求職活動の報告

求職活動の報告とは、失業保険の給付金を受け続けるために、自分の就職活動の状況をハローワークに定期的に報告することです。求職活動の報告は、受給開始日から4週間ごとに行う必要があります。求職活動の報告を怠ると、給付金の支払いが停止されたり、受給日数が減ったりする可能性があります。

求職活動の報告を行うには、以下の書類を持参して、最寄りのハローワークに行きます。

  • 給付申請書
  • 本人確認書類

ハローワークでは、求職活動の報告の受付や面談、就職支援の提案などが行われます。面談では、自分が行った就職活動の内容や結果、今後の就職活動の計画などを伝えます。就職支援の提案では、ハローワークが自分に合った求人情報や訓練、相談などのサービスを提案してくれます。求職活動の報告の手続きには、約15分程度かかります。

3-4. 給付金の受取

給付金の受取とは、失業保険の給付金を自分の口座に振り込んでもらうことです。給付金の受取は、受給開始日から4週間ごとに行われます。給付金の受取には、特に手続きは必要ありませんが、以下のことに注意してください。

  • 給付金の支払い日は、ハローワークによって異なります。支払い日は、ハローワークに問い合わせるか、以下のサイトを参考にしてください。
  • 給付金の支払い日の確認方法とは?
  • 給付金の支払いは、自分の名義の口座に振り込まれます。口座の変更や解約は、ハローワークに届け出る必要があります。
  • 給付金の支払いは、受給日数が終了するまで続きます。受給日数が終了する前に再就職した場合は、給付金の支払いは打ち切られます。

給付金の受取は、失業者の生活を支えるための重要な制度です。給付金を受けることで、自分の生活費や就職活動に必要な費用をまかなうことができます。給付金を受ける際には、自分の口座情報や支払い日を確認しておきましょう。

いいえ、まだ終わっていません。上記記事の続きは以下のとおりです。

4. 失業保険を受けるための状況別の受給とは?

失業保険を受けるためには、一般的には、失業した日から2週間以内に求職申込をして、受給開始日から2週間以内に給付申請をする必要があります。しかし、失業の状況によっては、求職申込や給付申請の期限が異なる場合があります。以下では、失業の状況別に、失業保険の受給方法について説明していきます。

4-1. 会社の倒産やリストラなどによる解雇

会社の倒産やリストラなどによる解雇とは、自分の意思とは関係なく、会社の経営状況や人員整理などの理由で、会社から解雇された場合を指します。この場合は、失業の原因が自己都合ではないとみなされます。そのため、失業した日から2週間以内に求職申込をして、受給開始日から2週間以内に給付申請をすることで、失業保険の給付金を受けることができます。ただし、会社から離職票や収入証明書をもらえない場合は、ハローワークに相談してください。

4-2. 契約期間の満了や期間雇用の終了

契約期間の満了や期間雇用の終了とは、自分と会社との間に契約期間が定められていて、その期間が終了した場合を指します。この場合は、失業の原因が自己都合ではないとみなされます。そのため、失業した日から2週間以内に求職申込をして、受給開始日から2週間以内に給付申請をすることで、失業保険の給付金を受けることができます。ただし、契約期間が1年未満の場合は、雇用保険の被保険者期間が一定以上でないと、失業保険の受給資格がありません。

4-3. 病気やケガなどによる退職

病気やケガなどによる退職とは、自分の健康状態が悪くて、仕事を続けることができなくなった場合に、会社から退職することを指します。この場合は、失業の原因が自己都合ではないとみなされます。そのため、失業した日から2週間以内に求職申込をして、受給開始日から2週間以内に給付申請をすることで、失業保険の給付金を受けることができます。ただし、病気やケガが完治していない場合は、就職活動ができないと判断される可能性があります。その場合は、病気休業給付という別の制度を利用することができます。病気休業給付については、以下のサイトを参考にしてください。

病気休業給付の受給方法とは?

4-4. 家庭の事情や転居などによる退職

家庭の事情や転居などによる退職とは、自分の家族や住まいの状況が変わって、仕事を続けることができなくなった場合に、会社から退職することを指します。この場合は、失業の原因が自己都合であるとみなされます。そのため、失業した日から2週間以内に求職申込をしても、受給開始日が遅れたり、受給日数が減ったりする可能性があります。受給開始日の遅れや受給日数の減少は、退職の理由や期間によって異なります。以下の表を参考にしてください。

退職の理由 退職の期間 受給開始日の遅れ 受給日数の減少
:-- :-- :-- :--
配偶者の転勤や死亡などのやむを得ない事情 1年以内 なし なし
配偶者の転勤や死亡などのやむを得ない事情 1年を超える 3ヶ月 なし
介護や育児などの家庭の事情 1年以内 なし なし
介護や育児などの家庭の事情 1年を超える 3ヶ月 なし
自分や家族の病気やケガなどの健康上の理由 1年以内 なし なし
自分や家族の病気やケガなどの健康上の理由 1年を超える 3ヶ月 なし
自分の転居や住宅の変更などの住まいの事情 1年以内 なし なし
自分の転居や住宅の変更などの住まいの事情 1年を超える 3ヶ月 なし
その他の理由 1年以内 3ヶ月 なし
その他の理由 1年を超える 3ヶ月 1/4

家庭の事情や転居などによる退職の場合は、退職の理由や期間を証明する書類が必要になる場合があります。その場合は、ハローワークに相談してください。

5. 失業保険のメリットとデメリットとは?

失業保険には、メリットだけでなく、デメリットもあります。以下では、失業保険のメリットとデメリットについて、それぞれ説明していきます。

5-1. 失業保険のメリット

失業保険のメリットとは、以下のようなことです。

  • 失業や減収などのリスクに備えて、生活費や就職活動に必要な費用をまかなうことができること
  • ハローワークのサービスを利用して、自分のスキルや希望に合った仕事を探すことができること
  • 就職支援訓練や就職支援金などの制度を利用して、自分のスキルや知識を向上させることができること
  • 失業保険の受給期間中に再就職した場合、就職促進給付という一時金を受け取ることができること

失業保険のメリットは、失業者の生活を守るだけでなく、再就職に向けての支援も行ってくれるということです。失業保険を受けることで、自分の生活を安定させるとともに、自分のキャリアを高めることができます。失業保険を上手に活用して、自分にとって最適な仕事を見つけましょう。

5-2. 失業保険のデメリット

失業保険には、以下のようなデメリットがあります。

  • 受給資格や受給日数が厳しく制限されていること
  • 給付金が退職前の収入に比べて低いこと
  • ハローワークでの手続きや報告が煩雑で時間がかかること
  • ハローワークからの求人紹介や就職支援が自分に合わないこと
  • 給付金を受けていることが周囲に知られること

受給資格や受給日数が厳しく制限されていることは、失業保険の受給方法の項で説明しました。給付金が退職前の収入に比べて低いことは、失業保険の給付額の項で説明しました。ハローワークでの手続きや報告が煩雑で時間がかかることは、失業保険の受給方法の項で説明しました。ハローワークからの求人紹介や就職支援が自分に合わないことは、以下のような場合を指します。

  • ハローワークが紹介する求人が、自分の希望する職種や条件と合わない場合
  • ハローワークが提供する訓練や相談が、自分のスキルやニーズと合わない場合
  • ハローワークの担当者とのコミュニケーションがうまくいかない場合

給付金を受けていることが周囲に知られることは、以下のような場合を指します。

  • ハローワークに行くときに、知人や元同僚に見られる場合
  • 給付金の振込明細や通知書が、家族や友人に見られる場合
  • 給付金を受けていることを、面接や履歴書で問われる場合

これらのデメリットは、失業保険の受給に伴う心理的な負担や社会的な偏見を感じることにつながります。そのため、失業保険の受給を避ける人もいるかもしれません。しかし、失業保険は、失業者の生活を守るための権利であり、恥ずかしいことではありません。失業保険の受給を決める際には、メリットとデメリットをよく比較して、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

6. まとめ

この記事では、失業保険の受給方法とメリット・デメリットについて、詳しく解説しました。失業保険は、失業や減収などのリスクに備えて、国や事業主が共同で負担する制度です。失業保険には、失業給付と就職促進給付の2種類があります。失業保険を受けるためには、受給資格や必要書類、ハローワークでの手続きなど、いくつかの条件や要件があります。また、失業保険にはメリットだけでなく、デメリットもあります。失業保険の受給を決める際には、メリットとデメリットをよく比較して、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

失業は誰にでも起こりうることです。失業したときには、パニックにならずに、冷静に対処することが重要です。失業保険は、失業者の生活を守るための権利であり、恥ずかしいことではありません。失業保険を上手に活用して、再就職に向けて頑張りましょう。あなたの幸せな就職活動を応援しています。😊

この記事があなたのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • 7. 参考文献
  • この記事は、以下の文献を参考にさせて頂きました。

    どれも読みやすくてわかりやすい記事ですので、ぜひチェックしてみてください。あなたの人生がより充実することを願っています。😊

    • 失業保険の基礎知識
    • 失業保険の受給方法
    • 失業保険のメリットとデメリット

  • 失業手当(失業保険)の受給条件と手続き~計算方法・受給期間・金額など~ …. https://doda.jp/guide/naiteitaisyoku/koyouhoken/?ssp=1&setlang=ja-JP&safesearch=moderate

  • 失業保険を受給するための必要書類やハローワークに持っていくもの …. https://tenshoku-web.jp/shitugyouhoken-hituyoushorui/?ssp=1&setlang=ja-JP&safesearch=moderate

  • 雇用保険手続きのご案内 …. https://www.hellowork.mhlw.go.jp/insurance/insurance_guide.html?ssp=1&setlang=ja-JP&safesearch=moderate

  • Q&A~労働者の皆様へ(基本手当、再就職手当)~ …. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000139508.html?ssp=1&setlang=ja-JP&safesearch=moderate

  • よくあるご質問(雇用保険について) …. https://www.hellowork.mhlw.go.jp/help/question05.html?ssp=1&setlang=ja-JP&safesearch=moderate

  • 失業保険(失業手当)をもらうと損をする? 受給のメリットとデメリットを解説 …. https://www.tcpartners.co.jp/blog/blog-3099/?ssp=1&setlang=ja-JP&safesearch=moderate

  • 失業保険と扶養のどっちがお得?退職後に失業保険と扶養に入るタイミングは? …. https://magazine.tr.mufg.jp/90587?ssp=1&setlang=ja-JP&safesearch=moderate